LIFE
January 26, 2016

寒い日にはこの一杯!

ポカポカ おいしい しょうがとコショウのあったかレシピ 1.2.3 Vol.1

1.「しょうがのあったかミルクレモネード」

寒さ本番のこの時期に体を温めてくれる
しょうがとこしょうを使った簡単なレシピを、料理家の木綿ゆかさんに教わりました。
その第1回目は、牛乳を入れたしょうがたっぷりのレモネードです。
「甘酒によく似たホッとする甘さのドリンクは、
飲むことで気持ちが落ちつくのでおやすみ前などにおすすめ。
それはしょうがの効果で体が温まってくると
交感神経に変わって副交感神経が高まり、体がリラックスモードに入るのです。」

甘味をつけるために使ったてんさい糖は、さとう大根が原料のからだを冷やさない
唯一の甘味料ですからしょうがとの相性もバッチリ。
お疲れ様!のごほうびにおすすめしたい1杯です

bn0088

材料(2人前)
お湯 120ml
牛乳または豆乳 120ml
レモン 1/2個
しょうが 1片
シナモン(スティック) 1/2本
てんさい糖 大さじ1と1/2

 

作り方
1. レモンは飾り分のスライスを切り、残りは絞る。
しょうがはスライスに。
2. 鍋にしょうがとお湯を入れ、5分程煮る。そこへレモン汁、てんさい糖、
シナモンスティックを加えて味を整え、最後に牛乳を入れてひと煮立ちさせる。
3. 器に注いだらレモンを飾る。

 

 

bn002811

「土ものの器のよさは、重厚感から伝わる安心感と安定感。
比較的丈夫ですし、何といってもお料理が映えるのが何よりの魅力です。
里芋の煮物、ほうれん草のおひたし、きんぴらなどなど、
見た目がやや地味めな和食のお惣菜は必ず陶器に盛り付けます」

清水焼の白い器、織部の深緑、北海道の友人がこしらえる力強いニュアンスなど、
ひとつひとつ買い足したコレクションは圧巻です。
これらを普段使いするのが木綿さん流。
特別な日ではなくいつもの食卓に使ってこそ器の本当の魅力がわかるのだそう。

line

yuyuka05

木綿(ゆう)ゆかさん
アロマ&ハーブ、漢方薬膳、アーユルヴェーダなど様々な知識に基づき、体調を整え、心身の健康と美に役立つ、家庭料理を提案。アロマテラピープライベートサロン&食のアトリエを主宰する他、「食の哲学」普及協会副理事長、アロマテラピースクールにてクッキングコースの講師を務める。
http://www.you-yuka.com/
http://202.225.201.222/author/yuka-you/

「これからの暮らし方について」
MiMC
doorganic MiMC

STORES

ベルナチュレール 玉川髙島屋 1階

(03) 3709-3111

ベルナチュレール 柏髙島屋 S館3階

(04) 7144-1111

ベルナチュレール 大宮髙島屋 1階

(048) 643-1111

ベルナチュレール 京都髙島屋 1階

(075) 221-8811
ページトップへ