LIFE
January 12, 2016

旬の野菜で元気になる

木綿(ゆう)ゆかの大きなお皿、小さなお皿 〈最終回〉

1年のうちで寒さが一番厳しくなるこの時期、
ちょっとしたことで体調を崩したり、風邪をひいたりしがちです。
その理由の多くは免疫力の低下によるもので、「寒さと乾燥」の仕業。
体内に病原体が侵入しようとしたときに防御壁となる粘膜は乾燥に弱く、
冬は分泌が低下します。また免疫細胞そのものが寒さに弱いので活動が鈍くなるのです。
そこで私が気をつけている免疫力を高める4つの習慣がこちら。

1. 野菜や果物を摂る
2. 運動を習慣にする(努力をする)
3. 睡眠をしっかりとる
4. 良質のたんぱく質を摂る

2の運動を習慣にするのはなかなか大変ですが、あとの3つはちょっとした意識を
持つことで無理なく身につくので、ぜひ皆さんも試してみてください。

 

yuyuka12_1

大きなお皿「塩鮭と春菊のごはん」
小さなお皿「さつまいもとニンジンの揚げマリネ」

手軽に手に入る食材として人気の鮭は、消化・吸収のよい良質のたんぱく質に富み、
脂肪分もEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)など不飽和脂肪酸が中心。
これらは血液の流れをよくし免疫力アップにひと役買うことでも知られています。
その秘密は、ピンク色をした身の色。
サーモンピンクという名前もあるほど、親しみを込めて呼ばれる色は、
天然色素の一種、アスタキサンチンによるもので体内の活性酸素を除去する働きがあります。
同時に抗酸化の力で細胞を守るビタミンEが多いのもうれしい特長。
塩鮭を焼かずに炊き込むことで、栄養価をしっかり摂れるよう考えました。

小さなお皿は、食物繊維とビタミンCが豊富なさつまいもが主役。
風邪と便秘の予防に効果的なお芋は、女性のうれしい味方ですね。
おやつ感覚でもいただけるので、常備菜として作り置きするのもおすすめです。

line

大きなお皿
塩鮭と春菊のごはん

材料(4人分)
甘塩鮭 切り身 2切れ
春菊 1/2束
ごま油 小さじ2
大さじ2
昆布 10cm
少々
煎りごま 少々

 

作り方
1. 米を研ぎ、30分水につけておく。
春菊をさっと茹でてみじん切りにしておく。
2. 鍋(または炊飯ジャー)に米、鮭、ごま油、酒、昆布、塩少々を入れて、
普通の水加減で炊く。
3. 炊きあがったら15分程度蒸らした後、春菊を加えて鮭をほぐし、
器に盛りつけてごまを振りかける。

このままはもちろん、お茶づけにしても美味しくいただけます。

 

yuyuka12_2

\ここがポイント/

鮭は焼きすぎると栄養価が半減してしまうので、
焼かずに炊き込むのがポイント。
鮭の塩加減次第で塩の分量を調整しましょう

line

小さなお皿
さつまいもとニンジンの揚げマリネ

材料(4人分)
さつまいも 1本
にんじん 1本
長ねぎ(みじん切り) 大さじ3
ワインビネガー(赤、白、どちらでも可) 大さじ3
しょうゆ 小さじ1/2
少々
米油(揚げ用) 適量

 

作り方
1. さつまいもとにんじんを薄めの拍子切りにし、180℃に熱した米油でをカリッと揚げる。
2. ボールに1と長ねぎのみじん切り、ワインビネガー、しょうゆ、塩少々を入れ、
味を整えてませ合わせ、器に盛る。

 

line2

最終回を迎えて、木綿さんからのメッセージ

早いものでこの連載も1年を迎えることが出来ました。
初めての経験でしたので、毎回の撮影は緊張感いっぱいの連続でした。
そして改めて「食の大切さ」を問う自分と出会う事ができました。

ひとつは、ささやかでも美味しいと味わえる自分である事、
作り手を思いありがたさを感ずる自分である事、旬の恵みの豊かさを思う自分である事、
何を食べたではなく、どんな気持ちで食べたかの大切さ。

ふたつめは、毎日の料理はできるだけ
シンプルに仕上げ(手を抜くではなく、時短でもなく)重荷にならないこと!
自分の為、誰かの為にほんの一品でも毎日作ることの大切さ。

私自身もミドルエイジとなり、時には落ち込み、イライラしたり、やる気をなくしたりと
毎日日替わりの心と体です。
そんな毎日でも、できるだけシンプルに作り、豊かな気持ちで食することを大切にしていきたいと思います。
この連載を通してあらためて感じる事ができました。

ご覧いただきましてありがとうございました。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。

line2

 

春からは木綿ゆかさんの新しい連載を予定しています。
お楽しみに。

 

yuyuka05

木綿(ゆう)ゆかさん
アロマ&ハーブ、漢方薬膳、アーユルヴェーダなど様々な知識に基づき、体調を整え、心身の健康と美に役立つ、家庭料理を提案。アロマテラピープライベートサロン&食のアトリエを主宰する他、「食の哲学」普及協会副理事長、アロマテラピースクールにてクッキングコースの講師を務める。
http://www.you-yuka.com/
http://202.225.201.222/author/yuka-you/

「これからの暮らし方について」
MiMC
doorganic MiMC

STORES

ベルナチュレール 玉川髙島屋 1階

(03) 3709-3111

ベルナチュレール 柏髙島屋 S館3階

(04) 7144-1111

ベルナチュレール 大宮髙島屋 1階

(048) 643-1111

ベルナチュレール 京都髙島屋 1階

(075) 221-8811
ページトップへ