Instagram
TALK
March 14, 2017

喜多 健太郎さん[株式会社ファウンデーションズ 代表取締役社長]×吉川千明さん

吉川千明さんのナチュラルビューティーTalk Vol.8

心地よさを追求し、機能性にこだわる
国産オーガニック・ヘアケアブランド
「オプティミスティック」

頭皮への優しさや安全性に配慮しつつ、
夢のある香りと華やかなパッケージデザイン、使って納得の使用感など、
従来のオーガニック・ヘアケアとは一線を画す「オプティミスティック」。
ヘアケアライフを豊かにランクアップする注目ブランドです。

 

泡立ち、手触り、髪のまとまり。
使い心地のよさを目指しました

吉川「喜多さんは以前からヘア業界にいらしたんですよね。いつ、どんなことを目指してオプティミスティックを立ち上げられたんですか?」

喜多「ブランドのデビューは2010年。きっかけは白髪染めです。綺麗になるために染めるのに、髪を生み育てる頭皮にダメージを与えることに疑問を感じ、ヘアケアだけでも頭皮に優しいものを、と考えました。ただ、当時広がり始めていたオーガニックのヘアケア製品は『泡立ちがいまひとつ』とか『もっと髪がまとまるといいのに』といった声を耳にすることが多く、安心安全なだけでは満足を提供できないと感じたんです。そこで、日本女性が求めるハイレベルなオーガニック・ヘアケアができないかと開発に着手しました」

吉川「天然由来100%の〈オプティミズム〉シリーズはスタート時からありますね」

喜多「はい。天然成分だけでお客様に喜んでいただけるレベルの使用感を実現することはかなりハードルが高く、研究を重ねました。特にシャンプーは泡立ちがよく、ベストセラーアイテムとなっていますので、今までナチュラル系のヘアケア製品を使っていなかった方にも楽しんでいただけます」

 

talk8_01

女性が美しく輝くための
“心地よさ”を大切にしています

吉川「オプティミスティックというブランド名の由来を教えてください」

喜多「私たちは“オーガニックは善、ケミカルは悪”と明確に区別しているわけではないんです。確かにナチュラルなほうが頭皮に優しく、継続して使うには安心です。ただ、髪に使うトリートメントに関してはケミカルの力を取り入れてもいいと考えています。ケミカルを徹底排除しなければいけないと肩ひじを張るのではなく、もっとライフスタイルに合わせて“楽観的に”いいものを選んでいこうというスタンスです。それでオプティミスティック(楽観的)という名前にしました。」

吉川「なるほど。髪がごわつくとき、一瞬でつるつるにしてくれるトリートメントがあると、確かに助かりますものね。ケミカルを理解したうえであえて使うのはアリだと私も思います。縛られすぎると窮屈になっちゃう」

喜多「オプティミスティックは心地よさをキーワードに、製品を設計しています。パッケージのデザインもそうです。女性が感じる心地よさは商品を目にしたときから始まると考え、華やかなデザインを採用しています」

 

ヘアフレグランスが大人気。
女性は髪の匂いが気になります

吉川「製品ラインアップは3つのシリーズがありますね。〈スウィートエメラルド〉はどんな方におすすめですか?」

喜多「補修に特化していますので、ダメージヘア、パーマヘア、ヘアカラーなどをしている髪に効果を実感していただけます。特徴的な成分はケラチンタンパク質に匹敵する補修力をもつエンドウタンパク(エンドウ豆由来の成分)や、腐植土などから採れるミネラル豊富なフルボ酸です」

吉川「香りが印象的。これは何の香り?」

喜多「メインは洋ナシの香りです。そこに独自のハーブの香りを加えて大人のしなやかさと少女の可憐さを兼ね備えた華やかな香りにしています」

吉川「このシリーズのフレグランスミストは大人気。乙女チックですよね」

喜多「もともとはおまけ的につくったアイテムなんですが、発売当初から人気があり、この製品をきっかけにシャンプーやトリートメントへ移行する方が非常に多いです」

吉川「女の人は髪の匂いを気にしますからね。煙草の匂いをシャットアウトしてくれるのも嬉しい」

 

talk8_02

新しいエイジングケアラインは
髪にハリ、コシを与えます

喜多「髪は特に年齢が表れやすいパーツで、パサつきやボリュームダウンが気になる方が増えてきており、これまでもエイジングケアとして〈グレイス ボリュマイズ〉シリーズがありましたが、この春、さらに進化させた〈リッチブラック〉シリーズを発売することになりました」

吉川「進化のポイントは?」

喜多「シャンプーは泡立ちと泡切れ、トリートメントは髪を乾かしたときの手触りの良さを大きく改善しました。ハリ・コシを出すことと、毛先をまとまりやすくすることはもともと相反するのですが、両立を実現させています。さらにコンセプト的な成長としては、健常化をテーマに据えました。髪の美しさには頭皮の健康が関与していますから」

吉川「配合成分を拝見すると、ビワ葉エキスやトウキ根エキス、明日葉など東洋の保湿成分と、フラーレン(保湿成分)といった話題の成分がタッグを組んでいて、かなり作り込んでいますね」

喜多「頭皮を整え、スカルプケアもできる製品を作りたかったんです」

吉川「お洒落な容器でエレガントなうえに、きちんとプログラミングされたお手入れができるんですね。3つのシリーズにメリハリがあって、それぞれ素材も吟味され、一般的なオーガニック・ヘアケアとは違いますね。今後の展望を聞かせてください」

喜多「ギフトやトラベル用品など、持ち運びたいと思える魅力的なエイジングケア製品をつくりたいです」

吉川「コンプレックスビジネスではなく、エイジングを楽しむ方向ですね」

喜多「はい。心地よさを一緒に連れ出してほしいと考えています」

吉川「それは素敵。期待しています」

 

喜多健太郎(きた・けんたろう)
2002年国内ヘア化粧品メーカーに入社し、日本女性の素髪の美しさを追求するビジネスに従事。
2009年に株式会社ファウンデーションズを創業。
国産ナチュラル・ヘアケアブランド「オプティミスティック」を立ち上げ、
“誰もが思わず惹かれる髪へ”という理念のもと、独自のブランド展開を進める。
2013年グロービス経営大学院を修了、MBAを取得。

 

talk8_03

左から、
傷んだ髪を補修するスウィートエメラルドシリーズは
オーガニックとサイエンスの長所を兼ね備えたハイブリッド製法。

オーガニック・トリートメント SE 200g 2,095円
オンラインストアで詳細を見る

オーガニック・スパシャンプー 200ml 1,814円
オンラインストアで詳細を見る

 

talk8_04

左から、
スウィートエメラルドシリーズのミストはボディにも使えます。
洋ナシがベースの甘くフェミニンな香り。フレグランスミスト SE 50ml 2,268円
オンラインストアで詳細を見る

オプティミズムシリーズのミストは精油のみでつくられた天然由来100%。
ベルガモットがメインの爽やかな香り。フレグランスミスト OP 50ml 2,700円
オンラインストアで詳細を見る

 

 

talk8_05

左から、
エイジングケアのリッチブラックシリーズは髪の変化を感じる女性に。
オーガニック・スカルプトリートメント RB 200g 3,780円
オンラインストアで詳細を見る

オーガニック・スカルプシャンプー RB 200ml 3,780円
オンラインストアで詳細を見る

すべてオプティミスティック〔玉川店・柏店・大宮店・京都店〕

RECOMMEND

STORES

ベルナチュレール 玉川髙島屋 1階

ベルナチュレール 玉川髙島屋 1階

(03) 3709-3111
ベルナチュレール 柏髙島屋 S館3階

ベルナチュレール 柏髙島屋 S館3階

(04) 7144-1111
ベルナチュレール 大宮髙島屋 1階

ベルナチュレール 大宮髙島屋 1階

(048) 643-1111
ベルナチュレール 大宮髙島屋 1階

ベルナチュレール 京都髙島屋 1階

(075) 221-8811
ページトップへ