COLUMN

あかざ えり
あかざ えり
Eri Akaza
オーガニックライフデザイナー
「空間、グラフィック、器、料理まで、トータルデザインする空間プロデューサー。ミシュラン星付きレストランやクリニックなど多数手掛けてきたが、師匠が癌で他界したことをきっかけに、デザインの力で人生は変えれても、人の命は救えないことに気づき、京都の百年町家で暮らしはじめる。薬草を育て、自然とつながる暮らしの研究に没頭。いつのまにか、デザインする発酵研究家に。(社)日本腸美人コンシェルジュ協会 代表理事。豆乳ヨーグルト研究会 代表。
August 16, 2015

発酵魔女たちのパーティ

全体
オーガニックな暮らしを愛する女性たちは
都会にくらしながらも
家の中に薬草菜園つくり
発酵食を手作りする
そんな仲間が
家にあるものを持ち寄ると
豊かなランチパーティになる
スモークチーズ
「発酵食のチーズをスモークしてみたの〜
 夜寝る前に、段ボールの中で薫製するのよ♪」
「段ボールでつくれるのね やってみたいわ」
「マンションでもできるみたいよ」
「泡を開けましょ♪」
「生ハムと桃 すっごく合う〜」
「岡本さんとこのパン ちょうど届いたから持って来たの〜」
 ただのパンではない。
自然栽培の古代小麦で天然酵母。
ふなずし
「琵琶湖の近くに家のある友人から
 鮒寿司いただいたの〜」
「日本の伝統的な発酵食も
 ヨーロッパのアンティークの器にいれてハーブを添えるのもいいわね〜」
「メイソンジャーって便利よ。
 焼き野菜をオイル漬けしたの」
テーブルの上にそのまま 置いて
夏野菜が花をそえる
「すっごく美味しい〜♡
 どうやってつくるの〜?」
「簡単よ〜魚焼き器で焼いて
 瓶にいれて、オイルと〜〜〜」
「庭に雲南百薬が茂ってたの
 このソースかけていい?」
余ったソースも無駄にしない。
冷や汁
「ねぇ 冷や汁もってきたんだけど 器ある?」
「ガラスのピッチャーに入れていい?
 ガラスにいれるのも、世界観変わって素敵ね」
「わぁ。玄米なのね〜」
ひとり、ひとつづつ持ち寄ると
テーブルの上は、華やかなパーティのようになる
それぞれの得意なものや
いま夢中になってるものを
持ち寄る。
興味があっても、まだ作った事ない料理の
作り方を教えあっこしながら〜
二本目のボトルが開いた
発酵魔女たちは
偶然を引き寄せる。
計算ではつくりだせない
心地よい時間は
小さな、小さな、目に見えない微生物たちが
導いてくださってるのかもしれない。

RECENT COLUMN

STORES

ベルナチュレール 玉川髙島屋 1階

ベルナチュレール 玉川髙島屋 1階

(03) 3709-3111
ベルナチュレール 柏髙島屋 S館3階

ベルナチュレール 柏髙島屋 S館3階

(04) 7144-1111
ベルナチュレール 大宮髙島屋 1階

ベルナチュレール 大宮髙島屋 1階

(048) 643-1111
ベルナチュレール 大宮髙島屋 1階

ベルナチュレール 京都髙島屋 1階

(075) 221-8811
ページトップへ